ネットでこういうの見つけました。
なかなか良いタップ板だと思います。
Portable Tap Floor


多くの人はコンパネという板で練習用のを作って練習しています。低価格でお手頃。

でもこのアメリカ製の持ち運び可のFloorは素材が違いますね。
コルクのような。。何枚も組み合わせていますし、クッションのように少し沈みこんで、弾力性があります。脚膝腰の負担が少なくなるかと思います。練習用には良いかもしれません。音的には私は好きですね。カンカンしないし、家で練習しても、響きすぎない。振動、音も吸収されそう。159ドルだそうです。ネット販売してますが、送料がいくらなのかな。米国内は無料だそうです。
国産、日本製では、折りたたみ式どこでもタップ君と言うのがあります。
この値段でそうそう買う人はいないと思いますが、持ち歩き、使うときに開いて大きくして、どこかのストリートで、、、なんて言う人にはよいかもしれません。
ステージでプロの人が使うのはまたいろいろありまして、板の下に空間を作って響きを良くしてさらにマイクを付けて音を拾う。拾った音にさらに効果をかけたりして音質を変えたり。木の板ではなくてスチールみたいな金属を使いわざと不思議な音、打楽器のような音出す場合もありますね。
でもやっぱり私は木の床がいいです。サクラの木の床が一番良いとか聞いたことあります。広々としたフロアーで、くるくるまわったり、スライドしたり、、ダンスしてみたいものですね。

只今、教室でのレッスンは、皆さんがあんまり上半身、手の動きをつけないので、そういう動きをたくさん入れた振り付けのタップをしています。
ブロードウェイ風の振り、又はバックダンサー風でもあり気に入っていますが、やりようによっては、盆踊り風!?になりそうになったり
そしてある部分は花咲かじいさんの灰をまくような手の動き(笑)みたいになってしまったり!?やってて可笑しくて、笑い出すと止まらない私は昨日は涙ながしながらステップ踏んでた次第です。仕上げになったらかっこよくキメたいです。
手の動きといえば、マイケル・ジャクソンなども素早くて独創的な手の動きをしてダンスします。流行の、EXILEのバックダンサーとてもうまいです。若い子から子供までまねしてダンスします。歌謡番組はあまり見ないですが、EXILEの弟分あたる 三代目J Soul Brothersこれも変わった手のふりです。R&B系で全体の動きもスゴイですが、指先一本一本まで・・・